積読日記

新旧東西マイナー/メジャーの区別のない映画レビューと同人小説のブログ

■Twitter               ■Twilog

■小説を読もう!           ■BOOTH:物語工房
 
各種印刷・製本・CDプレス POPLS

監督:山口和彦『女必殺拳』

女必殺拳 [DVD]

女必殺拳 [DVD]

 1974年作品。昨年、テレ東深夜映画枠で放送されたB級映画の1作。
 時期的にブルース・リー映画の大ブームへの便乗で作られた作品。意外と受けたのか、シリーズ化されてます。
 日本の麻薬組織に潜入し、失踪した兄を追って香港から横浜にやってきた女警官・紅竜(志穂美悦子)が、日本の少林寺拳法道場千葉真一とともに、麻薬組織に雇われた悪の拳法家達と大立ち廻りという、まぁ、それだけっちゃ、それだけな話。
 ……あ、でもサニー千葉はあんまり役に立ってる感じしないな。志穂美悦子は基本的にひとりで戦ってるし。
 
 それはさておき、なんかもう「B級映画」の何たるかを演出がよく判っているというか、全編に渡ってみなぎるインチキさと安いハッタリ感が素敵過ぎる。
 たとえば、作中で武闘家が登場すると、手書きで以下のようなテロップがばばーんと出るわけだ。
 
「蒼心流武術 スピンゲル」「琉球湖城流空手 湖城しのぶ」「高砂流吹矢 鉄頭僧」「沖縄古武術二丁鎌 上江州鉄心」「中国古武道トンファー ネレー」「南半球空手チャンピオン エバ・バリッシュ」「タイ式キックボクシング アマゾネス7」「日本元流棒術四段 馬八元」……
 
 短い尺でこれだけのキャラ立てなんかできるわけがないから、ほとんど有象無象のやられ役になるわけだけど、それにしたって「アマゾネス7」って何だよ、「アマゾネス7」て!
 横浜市内の麻薬組織ボスの邸宅に忍び込んだと思ったら、次のシーンではいきなり断崖絶壁で敵の拳法家と1対1で対決してるだとか、何もかもが最高だ。
 まぁ、唯一の欠点は、出てくる女性陣がことごとく貧乳ということかしらん。せっかく無駄に脱ぎっぷりはいいのに(笑)。
 
 で、この年末に某方面から「おかっぱ娘」をテーマに小説を書けという理不尽な指令(笑)を受けているのだけど、インチキ香港からインチキ横浜にやってきたインチキ中華拳法娘(おかっぱ頭)がインチキ武闘家どもと大暴れと言うのはどうだろう。
 ……いや、思いついただけで本当に書くかどうか知らんけれども。